会社案内

沿革

1965年(昭和40年)
4月

塩野義製薬株式会社と米国イーライ・リリー社による50:50の出資比率の合弁会社として「日本エランコ株式会社」を設立

1966年
1月

大和郡山市の昭和工業団地内に位置する現所在地に奈良工場(1号館)を完成

2月

医薬品製造業、医薬品輸入販売業の許可を取得

3月

カプセル製造1号機稼働を開始

1978年
4月

GMP適合のため設備構造の改善を実施

1979年
9月

小動物用カプセルの製造を開始

1980年
5月

カプセル円周印刷を開始、OP-8半自動液体薬物充填機を販売

1983年
9月

一般販売業の許可を取得
健康食品用カプセルの生産を開始

1984年
3月

全自動カプセルシール機を製造

4月

カプセル生産累積1,000億個達成

12月

液体薬物用全自動カプセル充填機を開発

1986年
1月

粉体薬物用全自動カプセル充填機を開発

1987年
6月

顆粒2~3層用全自動カプセル充填機を開発

1988年
12月

研究室用全自動小型カプセル充填機を開発

1989年
7月

ポリエチレングリコール配合ハードゼラチンカプセルを開発

1990年
3月

HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)によるハードカプセルを開発

4月

錠剤用全自動カプセル充填機を開発

1992年
4月

塩野義製薬株式会社がイーライ・リリー社保有の日本エランコ株式会社の全株式を買収

1993年
7月

カプセル外観ビデオ検査機を開発

1994年
11月

錠剤外観ビデオ検査機を開発

1995年
12月

錠剤印刷機(印字および外観ビデオ検査機能付き)を開発

1996年
4月

奈良工場に治験薬充填室を備えた2号館竣工

本社機能を大阪から奈良工場2号館に移転

9月

錠剤外観カラービデオ検査機を開発

1997年
3月
GMP構造設備の見直し完了
1998年
3月

品質システムISO9002の認証を取得

4月

「日本エランコ株式会社」から「シオノギクオリカプス株式会社」に社名を変更

6月

品質システム規格ISO9001の認証を取得

1999年
12月

汎用形固形製剤印刷機(QI-300)を開発

2000年
4月

粉体異物検査機(PES-200)を開発

2001年
1月

検査機搭載型固形製剤計数充填機(BM-250/500)を開発

検査機搭載型錠剤両面印刷機(IS-500D)を開発

10月

PTP包装機のマルチ型固形製剤供給機を開発

12月

環境マネジメントシステムISO14001認証を取得

2002年
3月

全自動カプセル充填・シール機(FS)を開発

8月

GMP環境改善を目的とする3号館竣工

食堂を製造棟の1号館から、本社機能を2号館からそれぞれ3号館に移転

2003年
4月

ISO9002「カプセル製品」とISO9001「カプセル外観検査機」に対する
品質システム規格を統合

8月

検査機搭載型固形製剤計数充填機(BM-1000)を開発

10月

テクノファー社製新型カプセル製造機を導入

2005年
12月

株主が塩野義製薬株式会社からカーライル・グループに変更

「シオノギクオリカプス株式会社」から「クオリカプス株式会社」に社名を変更

Qualicaps Europe S.A. (スペイン)とQualicaps Inc. (アメリカ)を100%子会社化

新カプセル製造棟(5号館)竣工

健康食品用カプセルに対するJIHFSの健康食品原材料GMP認証を取得

2007年
3月

粉体圧縮成形機(STM)を開発

5月

Technophar Group (カナダ・ルーマニア)を買収

11月

レーザーマーキング装置(LIS-250)を開発

2008年
5月

Qualicaps Romania S.R.L. (ルーマニア)設立

2009年
11月

死角のない外観検査装置(VIM+T)を開発

2012年
9月

新カプセル製造棟(6号館)竣工

2013年
3月

株主がカーライル・グループから株式会社三菱ケミカルホールディングスに変更

2015年
12月

Genix Industria Farmaceutica Ltda.(ブラジル)を買収